主な作品

改組 新 第3回日展(2016年)第5科 書 【作品一覧】

題名をクリックして作品をご覧ください。(別のウインドウが開きます)

赤江華城梅の花
明石聴濤高青邱詩
新井光風顯軌
有岡しゅん張宸詩
池田桂鳳芭蕉句
井茂圭洞速總
石坂雅彦石鼓歌二句
石澤桐雨寒夜携鶴
石田雲鶴李良年詩
石飛博光感動(中川一政の文より)
石永甲峰龍鐘
泉原壽巖李太白詩
市澤静山出谷遷喬
一色白泉方澤詩古意
伊藤一翔夏日看呉昌碩枇杷図
伊藤仙游尋照公
稲村龍谷道在瓦甓改組 新 第3回日展 特選
井上清雅歐陽修句
今村桂山性靈集語録
岩井韻亭李濂詩
岩田海道
岩永栖邨春の情景
岩村節廬荀子語
植松弘祥白楽天詩
植松龍祥薛徳温詩
牛窪梧十李白詩
海野濤山袁宏道詩
梅原清山寛猛相濟
江口大象奇石先生詩
榎倉香邨黒髪
遠藤 彊獵得麑
大井錦亭金子兜太句
大河内仙嶽
大澤城山菅茶山の詩
大重筠石
大西きくゑかぎりなく
大橋洋之勝斌句改組 新 第3回日展 特選
大平匡昭紅葉
岡田契雪王昌齢詩
岡田直樹秋彩
岡野楠亭田父獻曝
岡本藍石鐘を聞く改組 新 第3回日展 特選
奥山義治冬の池改組 新 第3回日展 特選
尾崎蒼石先聞撞鐘
尾崎邑鵬簠簋飾
尾西正成溌剌颯爽
角元正燦銭牧齋詩
笠原聖雲禮記語
梶山夏舟邵長蘅詩
加藤子華万葉歌一首
金子大蔵改組 新 第3回日展 特選
河西樸堂荘子語
河野 隆四海兄弟改組 新 第3回日展 日展会員賞
上林三玲こころ
鬼頭翔雲傅邦柱詩
木村通子ひぐらし
杭迫柏樹當機
黒田賢一秋露
黒野清宇貧窮問答歌
小山やす子天つ風
近藤浩乎
佐伯華水香具山
佐々木宏遠呉藍之
貞政少登無倦
澤田虚遊月寒
師田久子新勅撰和歌集(恋)
芝 松翠富士
柴原月穂秋の月改組 新 第3回日展 特選
清水透石撫子と菊
師村妙石長樂無極
陣 軍陽晝餉の酒
鈴木赫鳳沈約詩改組 新 第3回日展 特選
鈴木春朝富嶽詩
関 吾心詩経
関 正人隨分
関根玉振文選「答賈長淵詩」
高木厚人粟島
髙木聖雨協戮
髙木聖鶴心なき
田頭一舟
田頭央が
竹内勢雲
田中節山張膽
田中徹夫神なび
樽本樹邨瀉瓶
津金孝邦百花繚乱
辻元邑園浦上玉堂詩
土橋靖子墨染改組 新 第3回日展 内閣総理大臣賞
寺岡棠舟万葉の歌
寺坂昌三秋蝉
土井汲泉李白詩
堂本雅人春夜
歳森芳樹王漁洋詩
内藤富卿柔安靜樂
内藤望山杜少陵詩「徑石」
中川裕晧
中路佳保里朝明の形
中野北溟夕焼は燃えている
中林蕗風披離
中村伸夫崔浩伝語
永守蒼穹鞍馬山の牛若
楢崎華祥鏡獅子
西村自耕上田哲農の詩
西村東軒窮則変
新谷泰鵬萬葉歌
野田杏苑名寸隅
野田正行時鳥
原田玉童読書
日賀野 琢傅若金詩
日比野光鳳千鳥
日比野 実冬の空
平形精逸嵇康詩改組 新 第3回日展 特選
平松紫雲火気
福光幽石飛花
藤岡都逕燕賀
舟尾圭碩
星 弘道麟鳳遊
前島泉洲虫の声
真神巍堂轆轤改組 新 第3回日展 東京都知事賞
松清秀仙盧綸詩
松村博峰双鉤
光安芳堂原始反終
宮崎葵光筆神と詩妙
村上俄山
毛利柳村衝破碧瑠璃
望月和風富士が見える蕎麦畑
森上光月さくら花改組 新 第3回日展 特選
森川星葉みのりの花
森嶋隆鳳鳳皇の簫
森田彦七白居易詩
八木山鈴李白詩
安原皐雲孤月輪
柳 濤雪石女起舞
山口耕雲王直詩
山根亙清秋の夕ぐれ
山本高邨ふるさと
山本大悦貫名菘翁詩
山本悠雲試香
横山煌平春雨
吉川蕉仙
吉川美恵子あしひき
吉澤石琥偶成改組 新 第3回日展 特選
吉澤大淳郭元振詩
吉澤鐵之伊西蘭国有感
吉澤劉石川音
吉田成美親鸞
吉見靖子山里
綿引滔天心善淵
和中簡堂石濤語