改組 新 第3回日展(平成28年度) 受賞者

改組 新 第3回日展(平成28年度) 文部科学大臣賞受賞者・授賞理由

部門 題名 作者名 授賞理由
日本画 虚寂 森脇正人 三匹の狼が凛と強く迫り来る。
見る側の心を鋭く射抜く目は、何を訴えているのか。
大きく変動する地球を案ずるかのようでもある。
強靭な背景による動的な主題、重厚な彩色技法による情動の効果を高く評価した。
洋画 逍遙・十六夜 難波 滋 この作品は新潟は柏崎のお祭りをテーマにしたものである。
月夜の狐の嫁入りの様子を描いたそうだが、強い主張を感じる秀作である。
これまでの日展の作品としては珍しいタイプだけに、改革が進む日展の中で、大きな期待が持てるといえよう。

改組 新 第3回日展(平成28年度) 内閣総理大臣賞受賞者・授賞理由

部門 題名 作者名 授賞理由
彫刻 月光 石黒光二 本作品は、両手を頭上に伸ばして立つ女性像を洗練されたフォルムで表現している。背部の月輪が作品に物語性を与え、写実と幻想が一つに溶けあう完成度の高い作品となっている。
人体表現の技術力の高さに今後の日展のリーダー的役割が期待される。
工芸美術 月の光 その先に 三田村有純 自由な造形による漆立体作品。
木胎、本固地塗、研ぎ出し蒔絵、平蒔絵技法に金粉、錫粉、漆、木、麻布等の素材を巧みに用い、月光を浴びて光る水の煌めきを表現しながら月へのロマンを立体造形化している優作である。
墨染 土橋靖子 和歌一首「墨染の」を横広の料紙に散らし書きした本作は、自由な筆を駆使しながら力を内に秘めた和の美を醸し出している。
とりわけリズミカルな書とともに余白が効果的であり、墨継ぎによる濃淡の変化が豊かで新鮮な趣を生じ、筆者ならではの美の世界が構築された秀作である。

改組 新 第3回日展(平成28年度) 東京都知事賞受賞者・授賞理由

部門 題名 作者名 授賞理由
日本画 月日 山下保子 黄金の日を背に、月に座る女性。
芳しい花々が奏でる動と静のリズム。
彼女の見つめる先には輝かしい未来があるに違いない。
"今"という時代に在る女性像の位相が映し込まれた作品として高く評価した。
洋画 Moret 西房浩二 卓抜した表現力で対象の骨格を緊張感ある繊細な表現で的確に捉え、明るく爽やかな光の中に空気感をも見事に表現した傑作。
彫刻 大地の女神 楠元香代子 本作品は、仏像の形式を借りて現代社会を生きる女性の心象風景を表現している。その発想に新しさがあり、日展の人体彫刻に新しい一頁を加えたものと言える。
工芸美術 ムーヴ 佐治ヒロシ 作品は乾漆造形でムーブ動く形体を表現し静止しているように思えても実は人間が気が付かないだけで、全ては悠久の時のなかで変化していくものである。造形の中に艶と艶消しの技法で表現。
轆轤 真神巍堂 一言以って之を蔽へば曰く、怪力と神力の合体の作なり。人をして之を観れば仍然として雀躍已ま不ら教む。

改組 新 第3回日展(平成28年度) 日展会員賞受賞者・授賞理由

部門 題名 作者名 授賞理由
日本画 西田眞人 双樹がもたらした心象的な情景に現代の様相を重ねた作品である。
濁りのない彩色による卓越した筆触の効果を高く評価した。
洋画 雪山と台地と谷間 成田禎介 作者は長年にわたり細密でありながら雄大な風景を幻想的な絵画世界へと展開している。
緻密さの中に夢のある世界をかもしだした秀作である。
彫刻 明日を呼ぶ鳥 木代喜司 本作品は、二人の人物と小鳥の組み合わせによって平和な暮らしの風景を生み出している。埴輪を連想させる穏やかな表情が印象的である。具象人物像によって人々の願いを的確に表わす技術の高さが評価される。
工芸美術 春のゆく 井隼慶人 植物を模様化し大胆な画面構成の中にバランスよく配置した作品は、作者の鋭敏な感性を感じさせる。染の技法も駆使し黒色を基本に美しい緑や赤などを破綻なく染められている。
四海兄弟 河野 隆 簡潔で平易な四字を見事な布置で表現した作である。上部の横画と、下部の縦画を中心とした難しい構成を見事に調和させ、古典的な様式の中に近代的な趣を示している。