日展を体験してみよう

改組 新 第3回日展 親子鑑賞教室 レポート

教室風景【彫刻】


はじめに、先生たちの紹介。彫刻に使われる、色々な素材の紹介をします。

キミも彫刻作品に!?日展の作品がどのように展覧会の会場に運ばれてくるか、まるで自分が実際に彫刻になったかのような体験ができます。

大事な作品を壊さずに、どうやって美術館まで運ぶか、プロの業者の人がさまざまな工夫を教えてくれます。

専用の台車で展示室まで運んでもらいます。

会場に戻り、いよいよ制作開始。芯棒を曲げて、好きなポーズに形を整えていきます。

原型が出来たら、粘土を加えて作品を仕上げていきます。バレリーナの美しいポーズがうまく表現されていますね!

制作が終わったら、先生たちの作品を展示室で鑑賞。みんなとっても大きく、形も美しくてびっくり!お気に入りの作品を選んで記念写真も撮ります。

他にも、イベント中には粘土・木を用いた、作家によるデモンストレーションが行われました。この回ではノミを使って木彫の体験ができました。

最後に、完成した作品を持ち、先生やお友達と一緒に記念撮影。