作品を探す

痕
特選
第1科 日本画

中馬由輔 「痕」

作者情報

公益社団法人日展 会友

作品情報

改組 新 第4回日展出品作品
174×227cm

授賞理由

画面一面を壁で覆う難しい構図であるにもかかわらず、時の堆積を表わす壁の痕跡により、これまでこのバス停を行き交い、停んだ多くの人達の余韻が感じられる。又一本のビニール傘が直線的な画面構成を柔らかくし、人の温もりを与える秀作である。