イベント情報

上原利丸 染色作品展
本友禅染の多様性と可能性

上原利丸は、友禅染の技法を研究し伝統を守りながら、新たな表現を模索する現代アートとしての本友禅染作品を創作しています。文楽パリ公演の衣装なども手がけ、ユーモラスでありながら美しいその作品は、上原利丸独特の世界を展開し続けています。また、日展会員として染織界を牽引しながら、東京藝術大学美術学部工芸科教授として若きアーティストの指導や大学運営にも関わっています。 夢を持ち続ける上原利丸。その的確に現代を捉える感覚、生き生きとした遊び心が散りばめられた斬新な本友禅染も、藝術史の流れの中ですぐに伝統となっていくのかもしれません。

(美術館HPより)

 

<会期>
2018.9.6(木)~2018.10.9(火)

<会場>
東京都・世田谷区 平成記念美術館ギャラリー

<作家情報>
上原利丸(工芸美術/会員)