イベント情報

中山忠彦 ―永遠の美を求めて―

本展では、油彩画や版画、デッサン等、最新作を含む約80点の作品と、制作に使用されたアンティーク・ドレスや帽子、扇子等、画家自身の貴重なコレクションを併せて展示します。初期から現在に至るまでの60年以上に及ぶ画業をたどりながら、「見えるものを通して見えないものを描く」ことを礎とする中山が追求してきた普遍的な美の世界に迫ります。

(美術館HPより)

 

<会期>
2018.11.3(土)~2019.1.20(日)

<会場>
千葉県・千葉市 千葉県立美術館

<作家情報>
中山忠彦(洋画/理事)