改組 新 第2回日展 イベントレポート

ミニ解説会

一人からでも解説が受けられるミニ解説会は、日展インフォメーション横で受付が行われ、各部門定員になり次第受付は終了、午後1時30分に全部門同時に開始されました。
当日の申込みで気軽に参加できることもあり、今年も好評で初日と11月12日を除く平日に開催され、17日間で948名にご参加いただきました。

らくらく鑑賞会

らくらく鑑賞会は会期中に全4回開催され、作家がエスコートしながら1部門30~40分ずつ鑑賞していきます。作家と一緒にとる昼食も楽しみのひとつです。
各部門の担当作家の解説や出品作の制作秘話などを聞きながら、和気あいあいとした鑑賞会になりました。


らくらく鑑賞会はまず日本画から始まります。担当作家によって解説内容もさまざまです。

続いて、展覧会の裏話や制作秘話などを聞きながら洋画を鑑賞します。

午前の部最後は彫刻です。さまざまな角度から鑑賞し、担当作家作品に触らせて貰うこともしばしば。

昼食は老舗有名店のお弁当を作家たちと。プライベートな話がとび出すことも!

お昼休憩を挟み、午後は書から始まります。作家が特製の資料を用意している回もありました。

最後は工芸美術です。終了後も会場で自由に作品をご覧になれます。

グループ作品解説

平日、事前にご予約をいただいた団体にグループ解説を行いました。解説をする部門や開始時間はご希望に合わせてさまざま。希望の部門にわかれて解説を受ける学校や美術部、サークルなど、毎年お申込みいただくこともあります。