スペシャルコンテンツ

【日展作家インタビュー】
現代の日展作家たち ― 日本の美 2018

― 芸術とは何か 創作とは何か ―

日展111年を迎える2018年、長年日展を支えてきた作家5名に加え、次世代を担う作家5名のスペシャルインタビューを収録しました。

内容

1.自然に学び内なる世界を描く ―鈴木竹柏
2.「祈り」のテーマを深める ―藤森兼明
3.具象彫刻で人間そのものを表現 ―蛭田二郎
4.土と生きたモチーフとの競演 ―今井政之
5.命の断層を書く ―新井光風

6.抽象的な画面に具象を入れる ―西田眞人
7.木版画で表現する喜び ―田中里奈
8.井波彫刻の工房に七年間学ぶ ―岡本和弘
9.身近なモチーフをオリジナルの友禅染で制作 ―上原利丸
10.文房四宝の精神を大切に ―伊藤一翔

【日展作家インタビュー】
現代の日展作家たち ― 日本の美 2018を読む